BAPS JAPON official blog
Burlesque(バーレスク)Pin-up(ピンナップ)の情報 と 関連するカルチャーの情報をお届け!
スタッフによるDiaryやイベントレポートなども掲載してます♪

Sorry, This site is mainly a Japanese display now.

WHAT'S NEW!!

BAPSから最新情報をお届け*


■BAPS JAPON活動休止


2017年をもちましてしばらくの間
活動を休止させていただきます。
WEBサイトおよびSNSは
そのまま公開を致しますが、更新は致しません。

9年目に入ったBAPS JAPONを

楽しみにして下さっていたにも関わらず
このようなご報告になりすみません。

長い間、多くの皆様の支えに感謝致します!

ありがとうございます!!


バーレスク&ピンナップへの愛は健在です!

これからも陰ながらカルチャーを応援しています☆

We'll decided to stop activities for a while.

Thank you to everybody who has helped us get to this point.

However, Our Burlesque and Pinup love are alive!

Please wait looking forward to resume someday.

May 2018 brings you happiness!!!!

from BAPS JAPON


_________________________________

2013/07/31

【特集】映画『バーレスク・アサシン』監督インタビュー!


「バーレスク・アサシン」の監督は、カルガリー出身のジョナサン・ジョフ。1994年にコミュニティテレビ局にボランティアとして関わることから映像制作をはじめ、その作品は50以上ものフェスティバルにて上映、さらに20以上もの受賞歴を誇る新進気鋭の映画監督です。

国際的バーレスクスターたちとの交流を重ね、2年に及ぶ構想の結果2012年に公開された「バーレスク・アサシン」は、その名の通りバーレスクの要素をふんだんに取り入れつつ、古き良きスパイ映画や、はたまたB級映画のようなコメディセンスを併せ持つ、一大娯楽作品です。

いつもの日常から一歩離れ、刺激的な世界をのぞいてみたい…そんな方にお勧めのこの映画の魅力を、監督ご自身にさっそく伺ってみましょう!

*********************************


ーー監督、ズバリこの映画の見どころを教えてください!

いきなり難しい質問だね(笑)あのね、予算の面から考えれば、映画製作をするってのは、清水の舞台から飛び降りるみたいなもんなんだ。何せ役者を世界中から呼び寄せたり、セットを作ったり、ラブリーな衣装にこだわったりすると、予算はキリがないからね…。この映画は実は低予算映画なんだけど、バーレスクへの徹底的なこだわりがあるからこそ、他では見たこともないような完成度の高い作品になったと思う。
バーレスクへのこだわりと言えば、もう一つ言えることがある。フィクションで、ここまで一つの業界にこだわる映画って珍しいんじゃないかな。もちろん、ドキュメンタリーではあるけどね。この、1つのフィールドに徹底的にこだわるつくり方は、もしかして映画製作の新たなトレンドになれるかもしれない。
バーレスクって、応援してくれるファンが各地にいるよね。各都市ごとに数100名単位で広がるそのネットワークが、実は世界的につながっている。その大きなつながりが、映画製作を応援し、盛り上げてくれるから、必然的にいい映画ができたのだと思う。

ーー映画製作をする上での監督のこだわりとは?

キャストとストーリーを一体化させること、これが僕の一番大事にしてることです。
衣装や舞台美術、照明などの舞台効果も勿論大事だし、こだわりのショットとかカメラワークを重要視する監督も多い。でも、なによりも役者が脚本をよく理解し、自分の血肉とすることが大事。そうしなきゃ、お客様にメッセージを伝えることができないからね。
バーレスク・アサシンはその名の通りバーレスク映画だから、ヘアメイクからドレス、音楽、舞台美術に至るまで、徹底的にディテールにこだわってます。でも、役者本人の良さを引出し、リアルな演技を取ることを最重視しました。だから、映画初主演のロキシー・ディライトも、本当に自然で素敵な演技をしてくれました。
映画はどうしても撮影日数が限られているので、新人から演技を引き出すのなんて難しいんじゃない?と思っているかたも多いでしょう。でも、僕は監督・脚本家として映画業界で学んできた経験から、限られた中で最高の演技を引き出す術を身に着けたと思います。

ーー日本の皆さんにひとことお願いします。

まずはとにかく、楽しんでください!
僕は、バーレスクって数あるエンターテイメントの中でも、もっとも面白いと思ってる。みんなを幸せにする力があるんだ。
健康的なお色気は、退屈な日常にドキドキ感を与えてくれるよ。大人の洒落っ気や悪巧み、そしてちょいワルな日常にあこがれている人は、この映画を見たら「バーレスク・アサシンに私もなりたい!」って思っちゃうかもね(笑)

インタビュー:
by Cherry Typhoon
=================================

バーレスクの起源からステージの裏方までをワークショップ式で
学ぶ事ができる<LAB BURLESQUE!>は8月から開催!


LAB BURLESQUE! 公式サイトhttp://www.labburlesque.com/

★イベントと講座は、全て【コンビニ決済】可能です!!便利♪
(各イベントページから選択可能。ペイパルまたはクレジットカードもOK!)

本編の<バーレスク・ワークショップ>の講座は
ほぼ埋まってきております!
バーレスクを体験してみたい方はぜひ参加してみて下さい♪

=================================
関連記事1:【ワークショップ】2013.8 - 9 LAB BURLESQUE!

関連記事2:【イベント】2013.8 - 9 LAB BURLESQUE! イベント

関連記事3:【特集】Cherry Typhoon インタビュー《その1》

関連記事4:【特集】Cherry Typhoon インタビュー《その2》

関連記事5:【特集】Cherry Typhoon インタビュー《その3》
http://bapsjapon.blogspot.jp/2013/07/cherry-typhoon_25.html

関連記事6:【特集】映画『バーレスク・アサシン』特集!!

関連記事7:【特集】映画「バーレスク・アサシン」翻訳記